野菜

刺身こんにゃくと椎茸で作るダイエット中の人も安心なヘルシー酢味噌和え!

みなさん刺身こんにゃくって食べてますか?

わさび醤油やゆずポン酢とかで食べるんですけど、食べたことあるんじゃないでしょうか?

食べやことがない方にもぜひ刺身こんにゃくは食べていただきたいと思います。

「コンニャクって栄養ないんじゃない?」思ってません?

そんなことはありません!

たしかにコンニャクの成分は約90%以上は水分で、約3%位が食物繊維みたいですがそれ以外にミネラル成分(カルシウム、鉄、銅)も含まれています!

そして今回刺身こんにゃくと一緒に使う材料の椎茸ですが、これもまた低カロリーなのに食物繊維だけでなく、いろんな栄養が含まれている食材なのです!

今回はいろんな食べ方のあるコンニャクと食物繊維たっぷりの椎茸を使ったレシピを紹介したいと思います!

 

ヘルシー酢味噌和え(4人分)材料

刺身こんにゃく・・・200g

生椎茸・・・6枚

 

調味料

みそ・・・大さじ3

酢・・・大さじ2

砂糖・・・大さじ1

だし汁・・・大さじ1

練りごま・・・大さじ1

ヘルシー酢味噌和えの作り方

1・刺身こんにゃくは袋から出して食べやすい大きさに切ります。

切った刺身こんにゃくをキッチンペパーの上に広げて置き、水気を拭き取ります。

生椎茸は、石突きが固い場合は切り落とします。

2・焼き網を火にかけて熱し、生椎茸の笠を下にして網に乗せて直焼きにします。

香ばしい香りが立ったら、裏返して軸側からも焼き、四つ割りにします。

(椎茸の軸は笠の部分に比べて水分が少ないので、早く焼けるためまず笠から焼きます。軸は早く焼ける分、香ばしさが出ます。)

(柔らかさを出したい料理では、軸を取りますが、香ばしさを出したい時は、今回のように料理に生かしてもいいです。)

3・ボウルに調味料(みそ、酢、砂糖)を入れてだし汁で溶きのばします。

練りごまを加えてよく混ぜ合わせ、酢味噌だれをつくります。

4・焼き椎茸と刺身こんにゃくを合わせて調味料の酢味噌だれで和える。

(和え物は、材料や調味料だけ用意しておき食べる直前に和えた方が風味が生かせます。最初から混ぜ合わせておくと、椎茸やコンニャクが水分を吸ってしまい風味が損なわれてしまいます。)

刺身こんにゃくと椎茸の栄養素、効果

刺身こんにゃくのカロリーはとても低いのです!

どれぐらい低いかと言うと、100gあたり4~9gkcalと、とても低カロリーなんです!
わかりずらいのでお米言うと、ご飯100gで約168kcalなので、1/40~1/18ぐらいですからかなり少ないのがわかりますよね。
それだけではなく、便秘解消や美肌効果もあるんです!
刺身こんにゃくには水溶性の食物繊維を多く含まれていて、便秘解消にも効果的です
また腸内環境を整えられるので、免疫力アップ、栄養の吸収率アップなどにも期待できます。

あと、生芋こんにゃくに含まれる成分で注目されているのが「セラミド」です!
セラミドは美肌効果に期待できる成分です。

椎茸はコンニャクに負けないくらい食物繊維が豊富なのと、「エリタデニン」と言う成分が含まれています。
「エリタデニン」はコレステロール量を低下する作用があり、動脈硬化の予防に期待できる成分です!

まとめ

今回は「刺身こんにゃくと椎茸で作るダイエット中の人も安心なヘルシー酢味噌和え!」の作り方を説明していきましたがいかがでしたでしょうか?

こんにゃくって聞いて、「おでんによく入ってる黒いブツブツのあるやつ?」って思ったのではないでしょうか?

それじゃなくって、生で食べられるように加工された食品なんです!

でも「こんにゃくって下処理であく抜きとかってめんどくさい!」って思ってませんか?

刺身こんにゃくはその必要はありません!そのまま切って食べれるんです!

そして低カロリーなのですから食べない理由はないですよね?

そんな「刺身こんにゃくと椎茸で作るダイエット中の人も安心なヘルシー酢味噌和え!」をぜひ作ってみて下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。