イベント

ふたご座流星群2020年いつ見れる?時間や方角は?スポットも!

こんにちは、hideです。

12月になると気になるのはクリスマスやお正月に冬休みといったところでしょうか?

今から楽しみですよね!

でも、その前に少しだけ感動するモノを見ることができるかも知れません。

それは「ふたご座流星群」です。

この「ふたご座流星群」は、1月の「しぶんぎ座流星群」、8月の「ペルセウス座流星群」とならぶ「大流星群」のうちの一つと呼ばれています。

そんな「ふたご座流星群」がいつ見られるのか?

見れる時間や方角は?

よく見れるスポットなどを紹介したいと思います。

ふたご座流星群2020年はいつ見られる?

三大流星群の一つ、「ふたご座流星群」は一晩で見られる流星数が年間最大数の流星群です。

条件が整うと一晩で見られる流星の数が500個以上にもなる流星群なんです。

そして今年、2020年の「ふたご座流星群」の観測条件は「好条件」となっているので、かなり期待できるんじゃないでしょうか?

そんな「ふたご座流星群」が見られるのは、「12月13日~15日」がよく見えるようです。

 

ただ、13日が日曜日なので翌日仕事がある人は気を付けてくださいね。

ふたご座流星群2020年の見れる時間や方角は?

ふたご座流星群2020年の見れる方角はズバリ、どの方角でも大丈夫です!

というのもふたご座流星群2020年は空一面に出現するからです。

流星群を多くでも見るためには、広く空を見渡せるような場所で、街の灯り(街灯)などの光があまり視界に入らない方角を見るようにしたほうがいいですね。

 

また、ふたご座流星群2020年の見える時間は、

12日の22時ごろから13日の明け方まで、

13日の22時ごろから14日の明け方近くまで、

14日の22時から15日の明け方まで、

が、見える時間ですが、一番よく見えるのは13日の22時ごろから14日の明け方までがよく見えると予想されます。

 

その日は多いと1時間に50個以上見ることが出来そうです。

また、その日の前後でも1時間に数は少なくなりますが、20個程度は見れるかも知れません。

ふたご座流星群2020年の見れるスポットは?

ふたご座流星群2020年の見れるスポットですが、今年の12月15日は新月ですから、月明かりの影響が少ないです。

なので、今のこの時期なのでわざわざ遠くの山や海などに行かなくても自宅近くの広めの公園や、高いビルなどを避けられるような場所や、街灯、街灯りなどの少ない場所などでもよく見えると思います。

ふたご座流星群2020年を見るときに注意すること

とにかく寒いです!

防寒対策などはしっかりとしてもらいたいですね!

明け方まで見る人は特に気を付けてくださいね。

流星を見に行って風邪をひいたんじゃ元も子もないですからね。

まとめ

今回は「ふたご座流星群2020年いつ見れる?時間や方角は?スポットも!」について紹介して行きましたがいかがでしたでしょうか?

今年最後で最大の夜空のイベント「ふたご座流星群」を一目見てみたくなったでしょうか?

防寒対策をしっかりしてのんびりと夜空をみるのもいい思い出になるかもしれません。

コロナ過の中、こんな時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。